読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仮想アプライアンス

現状、特定のアプリ用に特化された最小構成のゲストOSイメージをさすみたい。


たとえばあるアプリを動かそうと考えたら、今までは
(・マシンを準備)
・必要なソフト(apachemysqlや)をインストールし設定
・アプリをインストール、設定
みたいなことをやってた。


そうじゃなくて、「設定済みの関連ソフトを含めたOSイメージとしてアプリを配布すればそれを立ち上げるだけでいいじゃん」というのが仮想アプライアンスの発想。


余計なものは全く入れない。極論すればOSイメージにはsshもlsコマンドもいらない。サービスと管理用インタフェースだけを動かす。デバイスドライバもウイルスソフトもホストOSなりハイパーバイザが持つ。(前に8Mのディスク容量と32Mのメモリで動作するLinuxイメージを見た。最終的にはOSという体裁も消え去るやも。)


高い堅牢性の確保と構築コストの消滅。ソフトウェアの配布に対する革命。インフラ屋に未来はあるのかー