読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HaskellでHello Worldするまで(CentOS)

ふいにHaskellやってみたくなったのでコンパイラGHCをインストール。
コンパイラghc)だけじゃなく、インタプリタ(runghc)、対話型インタプリタ(ghci)もついてきます。


最新版など置いてる本家はこちら
http://haskell.org/ghc/

今回はFedoraRPMを使います。(URLはi386版)
http://download.fedora.redhat.com/pub/epel/5/i386/repoview/ghc.html

[root@cent ~]# rpm -ivh http://download.fedora.redhat.com/pub/epel/5/i386/ghc-6.10.4-3.el5.i386.rpm

ではさっそくHello Worldを。

ソースコード
main = putStrLn "Hello, Haskell!"
コンパイル&実行
[mikeda@cent hello]$ ghc hello.hs -o hello

[mikeda@cent hello]$ ls -l
合計 452
-rwxrwxr-x 1 mikeda mikeda 446201 10月 31 13:59 hello
-rw-rw-r-- 1 mikeda mikeda    471 10月 31 13:59 hello.hi
-rw-rw-r-- 1 mikeda mikeda     34 10月 31 13:59 hello.hs
-rw-rw-r-- 1 mikeda mikeda   2292 10月 31 13:59 hello.o

[mikeda@cent hello]$ ./hello
Hello, Haskell!

基本的な使い方はgccと同じです。-o helloを省略するとa.outができます。
しかし実行ファイルでかいなーw

インタプリタで実行
[mikeda@cent hello]$ runghc hello.hs
Hello, Haskell!

起動がちょっともっさりします

対話型インタプリタ
[mikeda@cent hello]$ ghci
Prelude> putStrLn "Hello, Haskell!"
Hello, Haskell!
Prelude> :quit

いろいろ制限もあるみたいですし、テスト用ですね。




しばらく遊んでみます!