読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nagiosのアラート情報をSpreadSheetに自動で書き込む

『WEB+DB PRESS Vol.75』の『継続的Webサービス改善ガイド』は良かったですね。


その記事に、「毎日、アクセスログを解析した結果をGoogle DocsのSpreadSheetにまとめている」ということが書かれていて、サンプルがgistに公開されていました。
puboo-performance-index.rb

へー、SpreadSheetに自動でいろいろまとめるの、なかなか便利そう!ということで自分でもちょっとやってみました。

まずは試し

rubyでSpreadSheetを操作するのはgoogle_driveを使うとすごく簡単でした。

#!/home/mikeda/.rbenv/shims/ruby
# -*- coding: utf-8 -*-

require 'google_drive'
session = GoogleDrive.login("<user>@gmail.com", "<password>")

#ファイルのリストを表示
#session.files.each do |file|
#  p file.title
#end

#テスト用のスプレッドシート、ワークシートを開く。なければ作る
ss_title = 'test_ss'
ws_title = 'test_ws'
ss = session.spreadsheet_by_title(ss_title) || session.create_spreadsheet(ss_title)
ws = ss.worksheet_by_title(ws_title) || ss.add_worksheet(ws_title)

#A1の値を更新する
ws[1,1] = "aaa"
ws.save

NagiosのアラートをSpreadSheetに!

というわけで、今回はNagiosのアラートを自動でSpreadSheetに書き込むようにしてみます。
※『定例会議で障害情報を報告しろ』とかってけっこう言われますよね!


まずこういうスクリプトを作って

#!/usr/local/bin/ruby
# -*- coding: utf-8 -*-

require 'google_drive'

# Google Docsのアカウント
USER = '<user>@gmail.com'
PASSWORD = '<password>'

host, state, type, desc, info, timestamp = ARGV
time = Time.at(timestamp.to_i)

headers = %w(時間 Host State Type Desc Info 担当者 対応詳細)

ss_title = 'nagios_alert'
ws_title = time.strftime("%Y-%m")

session = GoogleDrive.login(USER, PASSWORD)

ss = session.spreadsheet_by_title(ss_title) || session.create_spreadsheet(ss_title)
ws = ss.worksheet_by_title(ws_title)
unless ws
  ws = ss.add_worksheet(ws_title)
  headers.each.with_index do |header, i|
    ws[1, i+1] = header
  end
end

num_rows = ws.num_rows
ws[num_rows + 1, 1] = time.strftime("%Y/%m/%d %H:%M:%S")
ws[num_rows + 1, 2] = host
ws[num_rows + 1, 3] = state
ws[num_rows + 1, 4] = type
ws[num_rows + 1, 5] = desc
ws[num_rows + 1, 6] = info

ws.save

ちょいちょいとNagiosのコンフィグをいじります

define command{
  command_name  notify-host-by-spreadsheet
  command_line  /etc/nagios/helper/notify-by-spreadsheet.rb "$HOSTALIAS$" "HOST DOWN" "$NOTIFICATIONTYPE$" "-" "-" "$TIMET$"
  }

define command{
  command_name  notify-service-by-spreadsheet
  command_line  /etc/nagios/helper/notify-by-spreadsheet.rb "$HOSTALIAS$" "$SERVICESTATE$" "$NOTIFICATIONTYPE$" "$SERVICEDESC$" "$SERVICEOUTPUT$" "$TIMET$"
  }

define contact{
   contact_name spreadsheet
   use          generic-contact
   host_notification_commands     notify-host-by-spreadsheet
   service_notification_commands  notify-service-by-spreadsheet
   }


テストでアラート飛ばしてみると・・・

書き込まれた!(枠線とか色はちょっと手でいじりました。)

まとめ

アプリとSpreadSheetを連携させると、各種レポートの作成がいろいろ楽にできそうですねー